深秘を曝け!秘封倶楽部 初代会長

  宇佐見 菫子 − Usami Sumireko
 
名前  :宇佐見 菫子(うさみ すみれこ)
     Usami Sumireko

種族  :女子高生
能力  :超能力を操る程度の能力

職業  :学生
所在  :外の世界

二つ名 :深秘を曝け!秘封倶楽部 初代会長

テーマ曲:ラストオカルティズム 〜 現し世の秘術師

登場作品:東方深秘録



宇佐見 菫子
彼女は本物の超能力者であった。

ネットで知識を深めた若者にありがちの全能感と、生まれ持った才能により、
特に中学の頃は『自分は他の人間より優れている』と思っていた。

友達という物が無駄であるとは言わない。
但しそれは知識の上での有用性であり、本当の心情は

   「友達を必要とする人種にとっては有益だ。
    群れたがる奴らにとってな」

と心底馬鹿にしていたようである。

そんなわけで友達が出来る訳も無く
(彼女からしてみたら『必要が無かったので友達を作らなかった』、となる)
他の人から見たら無惨な、だが本人は充実した学生生活を送っていた。

この頃から、彼女は独自の研究を始めた。
超能力を使える理由や、オカルト、都市伝説と呼ばれる物、等々。
その中でも特に、この世界とは違う何処か異世界への憧れが強かった。


そんな生活も高校に入ると一変する。
彼女は(この手の人間にありがちだが)成績優秀だった。
その為少し離れた私立の進学校に進学した。
生徒はアチコチから集まっていた。それまでの人間関係は断たれ、
新たに構築されようとしている。
すると成績優秀な彼女の元にも関係を築こうと人が集まるようになっていた。
硬化させた態度も逆に魅力であったのかも知れない。


だが、彼女は自分が他の人間とは違う種族である筈だと思い込んでいた。
他の人間は『自分と普通の人間関係を築き、同レベルに引きずり込もう』
と企む悪魔のような物だと言い聞かせた。

聡明な彼女は人を追い払う為に『あえて』人を集めた。
それが、非公認オカルトサークル『秘封倶楽部』であった。
彼女の目論見通り、もう友達になろうと言う人は現われなかった。


秘封倶楽部とは、異世界の秘密を自分の足で曝くサークルである。
結果、彼女は世界の深秘に触れた。

「東方深秘録」より



オカルトボール
サグメの能力により作られたパワーストーン。
強い霊力を持ち、全て集めることで異世界への扉を開くことが出来る。

幻想郷の結界を開くため、幻想郷内に流通させ、
集めると願いが叶うという噂を流すことで幻想郷の住民に集めさせた。
しかし、いつの間にか別の世界のものが混ざっていた。





簡易履歴
  オカルトボールを利用して幻想郷の結界を開こうとする。(東方深秘録)
   ↓
  幻想郷に進入するも妖怪と幻想郷の人間に追い掛け回される。(深秘録 菫子編)
   ↓
  オカルトボールの真実に気づいた霊夢と対峙。オカルトボールの力を解放する。(深秘録 霊夢編)
   ↓
  外の世界に帰るが、眠っている間に意識だけが幻想郷に入れるようになる。(深秘録エンディング)


スペルカード
東方深秘録 -自機・対戦時-
銃符「3Dプリンターガン」
念力「サイコキネシスアプリ」
念力「テレキネシス 電波塔」

幻視せよ! 異世界の狂気を*



東方深秘録 -ストーリーモード-
念力「サイコプロージョン」
念力「テレキネシス 不法投棄」

現し世のオカルティシャン*

深秘のエソテリックセブン*



スクリーンショット: -表情-  -スペルカットイン-  -ラストワード-  -ドット絵- 

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら
「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

アクセスカウンター

メンバーのみ編集できます