概要

「上海アリス幻樂団」製作のSTGゲームシリーズ『東方Project』の登場人物。
設定上のみの存在ではあるが、シリーズ内では数少ない男性キャラクターの一人。
白玉楼の庭師・魂魄妖夢の祖父であり、彼女の剣術の師匠でもある。
また、先代の白玉楼庭師でもある。

来歴

白玉楼の主人・西行寺幽々子の下で300年ほど白玉楼の庭師と剣術指南をしていたが、突如失踪。
その理由・行方は未だ明かされず、庭師の役目は孫娘の妖夢に受け継がれることになる。
西行妖と幽々子の関係を知る数少ない人物の一人。
満開の西行妖も見たことがあり、その危険性ももちろん知っていた。
そのことを妖夢に伝えたつもりだったが、妖夢が幼かったからか、妖忌の説明の仕方が悪かったのか、うまく伝わっていなかった。そのため『妖々夢』にて妖夢は西行妖を咲かそうという行動に出てしまう。
魂魄家の家系は代々半人半霊であるため、妖忌にも半霊がついている。
半人半霊であるため、人間よりも年をとるスピードが遅い。
満開の西行妖を見たことがあるため1000歳以上と思われるが、白玉楼の庭師をやっていた期間は300年程度であり、700年の空白の間に何をしていたのかは不明。

性格・人物像

妖夢の剣術の師というだけあり、その剣の腕前今の妖夢が相手をしたとしても文字通り赤子の手をひねる程らしい。また、とても厳格な性格だったらしく、主人である西行寺幽々子は彼のことを「頼りになるけど苦手」としていたらしい。
その他、彼の人物像を知る要素としてゲーム本編中の妖夢の台詞から彼の教えを聞くことができる。
「私は……真実は眼では見えない、耳では聞こえない、真実は斬って知るものだと、
 お師匠様に教えられてきたの。
 だから、全ては斬らなければ始まらない。剣が真実に導いてくれるはずなの」
「雨を斬れる様になるには三十年は掛かると言う。
 お前はまだ、雨の足元にも及ばない」
「空気を斬れる様になるには五十年は掛かると言う。
 でも、なんだかそんなに掛からなそうな気がしてきたわ」
「時を斬れる様になるには二百年は掛かると言う。
 ……先は長いなぁ」

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら
「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

アクセスカウンター

メンバーのみ編集できます