小人の末裔

  少名 針妙丸 − Sukuna Shinmyoumaru
 
名前  :少名 針妙丸(すくな しんみょうまる)
     Sukuna Shinmyoumaru

種族  :小人
能力  :打ち出の小槌を扱う程度の能力


職業  :輝針城城主
所在  :輝針城

二つ名 :小人の末裔(東方輝針城)
     眉唾! 緑色をした小人(東方深秘録)

テーマ曲:輝く針の小人族 〜 Little Princess
登場作品:東方輝針城、弾幕アマノジャク、深秘録



少名 針妙丸
一寸法師の末裔である。
打ち出の小槌を使う事が出来る。

初代一寸法師は鬼を退治して、鬼の秘宝『打ち出の小槌』を手に入れた。
初代は大きな身体と姫を手に入れる事が出来たのは伝えられている通りである。
それ以外に打ち出の小槌を使う事は無かった。

打ち出の小槌は鬼の道具で有り、それが起こす奇跡もまた、鬼の魔力である。
無闇に使う事は必ず自分を滅ぼす事になる、と考えたのだ。


しかし、代を重ねるごとに一寸法師の精神は失われていく。
そしてあるとき事件が起こった。

何でも願いを叶えるという打ち出の小槌を使えるというのに、使ってはいけないとは何事だ。
そう考えた末裔の一人が、ついにその禁忌を破る。
小槌の魔力で贅の極みを尽したそいつは、ついに最後の望みを言った。

「豪華な城を建てて民を支配したい」

刹那、輝針城と名付けられた城が出現し、打ち出の小槌の魔力は尽きた。
そして、悲劇は起こる。

輝針城は逆転し、小人族もろとも鬼の世界に幽閉されてしまったのだ。
支配したかった民の居ない世界へと……。
それ以来、小人族の存在は人間に知られる事は無かった。

打ち出の小槌は鬼の道具である。
願いを聞き入れる代わりに、それに似合った代償を与える。
大きすぎる願いは、叶う前に代償が現れる事もある。

その事を小人族は思い知った。
そして再び打ち出の小槌は封印された。


それから長い年月が経ち、現代。
もう小人族で過去のことを話す者もいなくなっていた。
そのせいで、針妙丸は打ち出の小槌の事を知らなかった。

そこに目を付けたのが天邪鬼 正邪だった。

彼女は自身の野望を満たすために、打ち出の小槌を利用する事を考えた。
小槌は小人族しか扱えないので、何も知らない針妙丸を利用することにした。

小人族の屈辱、打ち出の小槌の強大な力、そして屈辱を与えた幻想郷の妖怪達。
元々口の上手い天邪鬼だったが、針妙丸に嘘の歴史が吹き込まれた。
そして共に復讐を誓うのである。


『さあ、弱者が見捨てられない楽園を築くのだ!』


しかし針妙丸は、まだ打ち出の小槌の代償のことは知らなかった。

「東方輝針城」より



打ち出の小槌
小人族のみが使用できるマジックアイテム。
正邪に唆され使用した結果、自身も力を得たが
代償として幻想郷中の妖怪や道具が凶暴化する魔力が振りまかれた。

どんな願いでも叶える事が出来るが、
魔力は無限ではなく、魔力が尽きればその反動が使用者自身に帰ってくる。



簡易履歴
  正邪に唆され異変を起こすが霊夢達に阻止される(東方輝針城)
   ↓
   ↓
  正邪の追跡に加わる(弾幕アマノジャク)
   ↓
   ↓
  オカルトボールを七つ集めると大きくなれると聞き回収を始める。
  外の世界で菫子と遭遇。気に入られる。(東方深秘録 針妙丸編)


スペルカード
東方輝針城
Easy・Normal
小弾「小人の道」
小槌「大きくなあれ」
妖剣「輝針剣」
小槌「お前が大きくなあれ」
「進撃の小人」
「ホップオマイサムセブン」

Hard・Lunatic
小弾「小人の茨道」
小槌「もっと大きくなあれ」
妖剣「輝針剣」
小槌「お前が大きくなあれ」
「ウォールオブイッスン」
「七人の一寸法師」
弾幕アマノジャク
「小人の地獄」
輝針「鬼ごろし両目突きの針」






東方深秘録 -自機・対戦時-
小槌「伝説の椀飯振舞」
小人「一寸法師にも五分の魂」
釣符「可愛い太公望」

緑の巨人よ、おおきくなれよ!*



東方深秘録 -ストーリーモード-
大漁「空中大回転漁法」

幻の国ブレフスキュ*



スクリーンショット -表情-

輝針城  深秘録 



スクリーンショット -スペルカットイン-
輝針城  深秘録 



スクリーンショット -ラストワード-
深秘録 



スクリーンショット -ドット-
深秘録 

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら
「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

アクセスカウンター

メンバーのみ編集できます