不可思議で不穏な異変
 東方輝針城 〜 Double Dealing Character.



 ――博麗神社。人里離れた辺境の地に建つ神社である。
 神社の巫女、博麗霊夢は困っていた。
 お祓い棒が言う事を聞かないのだ。

 勝手に動き出すお祓い棒。
 そう、これは付喪神化したという事ではないだろうか?
 だとすれば彼女の敵に当たるのではないか?

 しかし彼女は動き出さない。
 何故なら、勝手に動いてくれる道具が便利だったからだ。

 後ろめたさの所為か、その事を誰にも言えずにいた。
 そんな時に限って、不測の事態は起こるものである。


 ――魔法の森。一年中ジメジメしている森である。
 その中で比較的乾燥した空間があった。
 魔法使い、霧雨魔理沙の家だ。

 どうやら勝手に辺りの湿気を払って乾燥させているのは、
 彼女の自慢の道具、ミニ八卦炉のようだ。

 火を噴く道具であるミニ八卦炉は湿気を嫌う。
 それが自らの意思で勝手に動いているようだった。

 彼女は勝手に動き出した道具にどう接して良いのか悩んでいた。
 如何にしてこの妖器の火で妖怪を炙れるのかと……。


 ――紅魔館。湖の畔にある悪魔の棲む洋館である。
 メイド長である十六夜咲夜は、吸血鬼から命令を受けていた。
 「霧の湖で妖怪が暴れているから何とかしろ」との事だった。

 普段ならそんな事を言わない吸血鬼だったのだが、何やら裏が
 ありそうだったので深くは聞かず、出撃した。

 何故そう思ったのか。
 最近不思議な剣を見つけたからだった。
 それは勝手に動き出す不思議な剣だった。
 暴れる妖怪と不思議な剣。無関係なはずがない。

 何故ならその剣を手に取ると、彼女も暴れたくなったからだ。




 ――暴れる妖怪騒ぎはあちこちで起こっていた。
 勝手に動き出す道具も散見される。
 一体何が起こっているのだろうか。
 霊夢達にも、暴れている妖怪達にも判らない。

 次第に不安の雲が空を覆い始めていた。
 強い風に軋む巨大建造物の音。
 幻想郷に不協和音が鳴り響いた。



トップへ
プログラム本体、イメージデータ、曲データ、及びマニュアル全ての著作
権は製作者ZUNにあります。
著作者の許可無しで複製、転載、配布を禁じます。
2013 (C)opyright ZUN. All rights reserved.

上海アリス幻樂団HPより引用

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら
「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

アクセスカウンター

メンバーのみ編集できます