21世紀の20世紀巫女さんSTG
 東方紅魔郷 〜 the Embodiment of Scerlet Devil.


   東方紅魔郷 〜 the Embodiment of Scarlet Devil.
- 0 -

 幻想郷は、予想以上に騒がしい日々をおくっていた。
 謎の来訪者に、夏の亡霊も戸惑ってるかの様に見えた。

 そんな全てが普通な夏。
 辺境は紅色の幻想に包まれた。

- 1 -

 ここは東の国の人里離れた山の中。
 博麗(はくれい)神社は、そんな辺境にあった。

 この山は、元々は人間は棲んでいない、今も多くは決して足を踏み入
 れない場所で、人々には幻想郷と呼ばれていた。
 幻想郷は、今も相変わらず人間以外の生き物と、ほんの少しの人間が
 自由に闊歩していたのだった。
 
 人々は文明開化に盲信した、人間は生活から闇の部分を積極的に排除
 しようとしていた。
 実はそれは、宵闇に棲む生き物にとっても、人間との干渉もなくお互
 いに気楽な環境だったのだった。


 そして、ある夏の日、音も無く、不穏な妖霧が幻想郷を包み始めたの
 である。
 それは、まるで幻想郷が日の光を嫌っているように見えたのだった。
 

- 2 -

 博麗神社の巫女、博麗霊夢(はくれいれいむ)はおおよそ平穏な日々
 を送っていた。
 滅多に参拝客が訪れないこの神社は、退屈だったり退屈じゃなかった
 りして、楽しく暮らしているようである。
 
 そんな夏の日、霊夢は少しばかり退屈以外していた。

  霊夢「もー、なんなのかしら、
     日が当たらないと天気が晴れないじゃない」

 このままでは、霧は神社を越え、人里に下りていってしまう。
 幻想郷が人々の生活に干渉してしまうことは、幻想郷も人の手によっ
 て排除されてしまうだろう。

  霊夢「こうなったら、原因を突き止めるのが巫女の仕事(なのか?)
     なんとなく、あっちの裏の湖が怪しいから、出かけてみよう!」

 あたりは一面の妖霧。
 勘の鋭い少女は、直感を頼りに湖の方向へ出発した。


- 3 -

 数少ない森の住人である普通の少女、霧雨 魔理沙(きりさめまりさ)は、
 普通に空を飛んでいた。

 いつのまにか、霧で湖の全体が見渡せなくなっていたことに気づくと、
 勘の普通な少女は、湖に浮かぶ島に何かがあるのでは?と思ったのだった。


  魔理沙「普通、人間だって水のあるところに集落を造るしな」

 化け物も水がないと生きてけないのだろうと、実に人間らしい考え方である。


  魔理沙「そろそろ、あいつが動き出しそうだから、ちょっと見に行くか」

 少女は、何かめぼしい物が無いか探しに行くかのように出発した。
 むしろ探しに行ったのだった。


- 4 -

 湖は、一面妖霧に包まれていた。
 普通の人間は30分はもつ程度の妖気だったが、普通じゃない人もやはり
 30分程度はもつようだった。

 妖霧の中心地は、昼は常にぼんやり明るく、夜は月明かりでぼんやり明る
 かった。
 霧の中から見る満月はぼやけて数倍ににも膨れて見えるのだった。

 もしこの霧が人間の仕業だとすると、ベラドンナの花でもかじった人間で
 あることは容易に想像できる。

 中心地には島があり、そこには人気を嫌った、とてもじゃないけど人間の
 住めないようなところに、窓の少ない洋館が存在した。


 昼も夜も無い館に、「彼女」は、いた。




 プログラム本体、イメージデータ、曲データ、及びマニュアル全ての著作権は製作者ZUNにあります。
 許可なしで複製、転載、配布を禁じます。
 2002 (C)opyright ZUN. All rights reserved.

上海アリス幻樂団HPより引用

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら
「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

アクセスカウンター

メンバーのみ編集できます