ここは東の国のとある小さな神社、‘博麗神社’、ここには色々な出来事が起
  こるため、普通の人はめったに近寄ったりしなかった。

   しかし、‘人間でない何か’が、人里におりてこないのにはわけがあった。

   それは、この神社には代々、神に通ずる力のある女性、つまり巫女がいたから
  であった。

   なぜ、この小さな神社に力の在る巫女がいるわけは、ここには地獄や魔界、と
  いった‘人間でない何か’の棲む世界との接点(ゲート)が重なっているからで
  ある。


   その昔、ここから現れる妖怪、悪魔などを封印するために、全国各地の力のあ
  る修験者、調伏師、などが集まり封印に成功した。 が、そのときの反動は非常
  に大きく、集まった者も全滅した。

   それから時がたち、あれほどの力をもった封印の効力も薄れてきた。

   この神社の巫女は、‘人間でない何か’を人里におりていかない様にするため
  かなうはずもない敵に対し、精一杯の修業を積み、それでも無理と分かっていな
  がら、自分の身を犠牲にし、このゲートへ向かっていった。

                 ・
                 ・
                 ・

               う ・ そ


   ほんとは、変な事巻き込まれ体質の巫女、博麗靈夢。‘人間でない何か’に、
  神社を破壊されちゃって、おこちゃったのだ。この怒りを沈めるには、‘人間で
  ない何か’を、全滅させるしか!!



              って、半分うそ

   ほんとのほんとは、博麗靈夢は、かなりの楽天家。今回もきまぐれで、ゲート
  に入ってみたのであった。

   ここの魔に対して効力のあるのは、博麗神社最大の秘宝‘陰陽玉’だけである
  ということが分かったのも、しばらくしてである。

   靈夢「ま、いっか。‘陰陽玉’をうまく使えば、なんとかなるわよね」


   どうなることやら・・・・

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら
「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

アクセスカウンター

メンバーのみ編集できます