山坂と湖の権化

  八坂 神奈子 − Yasaka Kanako
 
名前  :八坂 神奈子(やさか かなこ)
     Yasaka Kanako

種族  :神霊(求聞口授)
能力  :乾を創造する程度の能力


職業  :間欠泉センター管理者(求聞口授)
所在  :守矢の神社、人間の里、間欠泉センターなど (元:「外」の世界)


二つ名 :山坂と湖の権化

テーマ曲:神さびた古戦場 〜 Suwa Foughten Field

登場作品:東方風神録、地霊殿(名前のみ)、星蓮船(エンディング)、非想天則、弾幕アマノジャク
     ダブルスポイラー、紺珠伝(エンディングのみ)


八坂 神奈子
最近、妖怪の山に神社ごと引っ越してきた神様である。

八坂(無数の坂)という名前の通り、山の神様と言われているが、
実際は風雨の神様であった。
雨や風を司るという事は、つまり農業の神として祀られていた。
種族は神霊であり、本来姿形は無い者が多いが、有名な神霊は固定の姿を取るらしい。

「東方風神録・求聞口授」より



能力:乾を創造する程度の能力
諏訪子と共同で地形を変化させたり、地中に穴を開けたりできる。
この能力を利用して道を造ったり、巨大な建造物を建てることができる。
命蓮寺の建立も手伝ったが、なぜか自分の神社の御利益には活かさない。

「求聞口授」より



トレードマークである「しめ縄」
蛇が絡まっている姿を表現している。
脱皮を繰り返す蛇は、復活と再生、永遠を意味する。

また、ミシャグジ様の恐怖に対抗する為でもあり、
かつて諏訪子との闘いに勝利した事をアピールする為のものでもある。

「東方風神録」より



幻想郷に到る経緯
人間は寿命を知り、永遠を信じなくなった。
農業も風雨に対抗する術を手に入れつつあり、
山は火山や地殻変動で出来る事を知った。山を越える危険も失われた。

人間は科学と情報を信仰し始め、それと共に、彼女ら神々に対する信仰心は失われつつあった。


そして外の世界では神徳の多い神様でさえ信仰する人間が激減していた。

神様は信仰を失うと力も失う。神徳も出せなくなる。
それは神の死に等しい。

神奈子は信仰心を取り戻す方法を模索し、大きな賭に出る事にした。
それは
 「神社を人間の世界から幻想の物とし、幻想郷で信仰を集める事」
だった。

現在残された信仰が全て失われ一時的に力を失うが、可能性はその方がある。
滅び行く過去の栄光より、可能性ある未来を選んだのだ。
(中略)

しかし、神奈子が持つ幻想郷の知識は乏しい。

幻想郷の妖怪には幾つもの勢力がある事を知らない。
にもかかわらず、山の妖怪達の信仰を集め、その代わりに大いなる神徳を与えた。
その事が、山の妖怪、つまり天狗や河童達の力が強くなり過ぎる事に気付いていなかったのだ。
その事で、平穏な幻想郷のパワーバランスを崩す恐れがあった。

幻想郷のバランスを取る為には、博麗神社を利用しなければ上手く事が進まない。
幻想郷で外の世界と同等の信仰を取り戻すには、まだまだ課題は残されたままである。
「東方風神録」より



山の神として君臨する経緯
遙か古代、諏訪子は驚異的な信仰心を得ていた「ミシャグジ様」を束ねていた神だった。
その為、彼女への信仰心は凄まじく、当時は神であると同時に一国の王として王国を築いていた。

だが、そんな彼女の王国の元に大和の神々が侵略してきたのである。
王国を訪れた大和の神とは、神奈子であった。
(中略)

しかし、洩矢の王国の人間は、土着の神であったミシャグジ様の恐怖を忘れることが出来ず、
新しい神様を受け入れようとしなかった。

神奈子は信仰心が得られないのならと、この王国を自分の物にするのは諦めた。
代わりに新しい神様を呼び洩矢の神と融合させて、
その神様を王国の中では「守矢(もりや)」、外では別の呼び名で呼び分ける事にした。
これにより王国を支配しているように見せたのだ。
守矢とは勿論、洩矢の事である。
そして神奈子は、諏訪子の力を借りて自ら山の神様としてこっそり君臨する事になった。
「東方風神録」より



守矢神社
妖怪の山にある神社。かつては外の世界に存在していた。
規模は博麗神社よりも大きく荘厳。
しかし場所柄、信仰の殆どは天狗や河童のような山の妖怪によるもので、人間が来る事は少ない。
御利益も妖怪の喜びそうなものばかりに偏っている。
お賽銭が期待できないため、収入は外の世界から持ち込んだ技術を河童に小出しする事で得ている。

「求聞口授」より



間欠泉センター(地獄谷間欠泉センター)
妖怪の山の麓にある温泉地帯。神奈子が管理している。
地獄とつながっている為に怨霊が湧き、人間にも妖怪にも危険な場所となっている。
神奈子のような神霊は怨霊の影響を受けないらしい。

「求聞口授」より



その他
神社の営業活動に熱心。
技術革新を好み、伝統を軽んじる向きがある。
「求聞口授」より



スペルカード
東方風神録
Easy・Normal
神祭「エクスパンデッド・オンバシラ」
筒粥「神の粥」
贄符「御射山御狩神事」
天流「お天水の奇跡」
「マウンテン・オブ・フェイス」

Hard
奇祭「目処梃子乱舞」
忘穀「アンリメンバードクロップ」
神秘「葛井の清水」
天竜「雨の源泉」
「風神様の神徳」

Lunatic
奇祭「目処梃子乱舞」
神穀「ディバイニングクロップ」
神秘「ヤマトトーラス」
天竜「雨の源泉」
「風神様の神徳」

Extra
神符「水眼の如き美しき源泉」
神符「杉で結ぶ古き縁」
神符「神が歩かれた御神渡り」
ダブルスポイラー 〜 東方文花帖 -坂好きの神様を撮影せよ-
蛇符「グラウンドサーペント」
御柱「メテオリックオンバシラ」
儚道「御神渡りクロス」

弾幕アマノジャク
御柱「ライジングオンバシラ」
「神の御威光」



スクリーンショット: -表情-  -スペルカットイン-  -非想天則ドット絵- 

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら
「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

アクセスカウンター

メンバーのみ編集できます